血圧が高めの方のためのサプリメント比較

高血圧はサイレントキラーと言われるように自覚症状がないままに進行しているケースが多いです。そしてまた高血圧は様々な病気を誘発するので自覚症状がないからと言って決して侮ってはいけない病気です。
日頃から血圧チェックと血圧対策が高血圧のリスクを減らします。
最近血圧が高めで気になっている方は、バラスに良い食事と適度な運動などウをすることで高血圧にならないようにしましょう。またその際には血圧ケアに特化したサプリメントを摂取することもおススメです。
血圧対策のサプリメントは多数で回っているので、人気のサプリをいくつか紹介します。比較検討して自分にピッタリのサプリを見つけてください。

 

エーザイ製薬の血圧ケアサプリ「ヘルケア」

  • 製薬会社が開発したトクホ
  • サーデンペプチド配合
  • 臨床試験で機能性実証済みのサプリ
  • 1日分が1袋だから持ち運びしやすい

エーザイ血圧トクホサプリ

エーザイサプリの血圧ケア実感モニターはコチラ

 

血圧が高めの方のタブレット

  • 大正製薬が開発したサプリメント
  • 初回限定で70%OFF
  • 1日1粒だから手間をかけずに血圧ケア

大正製薬の高血圧の対策サプリ

大正製薬の血圧が高めの方のサプリメント

 

わかめペプチド粒タイプ

  • 理研ビタミンが販売する血圧サプリ
  • 血圧を安定させるわけめペプチドが含有
  • 初回のみ半額サービス

理研の血圧改善サプリ

血圧高めの方のサプリ

 

血圧が高めの方の健康緑茶

  • 大正製薬が開発したサプリ
  • 血圧対策にピッタリの機能性表示食品
  • 10日分がお試し用にプレゼント

 

サプリに入っている血圧を下げる成分

血圧が気になる方向のサプリメントを選ぶ場合は、サプリに入っている血圧を下げる成分にも注目して、それぞれの商品を比較してみることもよいかもしれませんね。
ここではそのような血圧ケアをサポートしてくれる成分について紹介していきます。

 

ペプチドは血圧サプリにはよく見られる成分です。ペプチドには血圧を上げる原因になっている酵素、アンジオテンシン変換酵素Iの働きを抑える働きがあるのだそうです。ペプチドはサプリで摂取するのが一般的ですが、魚、牛乳、大豆などにペプチドが多く含まれています。
DHAは、血管を柔らかくする働きがあります。血管が柔らくなることで柔軟性が増して血液の巡りが良くなります。そしてもう一つDHAの働きとして忘れてはならないのが中性脂肪や悪玉コレステロールを抑制し、さらには善玉コレステロールを増加させる働きもあるんです。高血圧が心配な方にとってDHAはまさにありがたい存在と言えそうですね。DHAを多く含んでいるのは青魚(イワシ、アジ、サバなど)ほかにはマグロやウナギにも多く含まれています。
EPAはDHAと似た作用があり、EPAとDHAを合わせて摂取することで高血圧の予防に、それぞれを単独で摂取するのと比較してより効果が期待できるということが分かってきました。EPAを多く含む食品は青魚の油です。
注)DHA→ドコサヘキサエン酸、EPA→エイコサペンタエン酸

 

カリウムは塩分を排泄してくれる作用があるので高血圧の予防には最適な成分です。アボガド、パセリ、ホウレンソウなどの野菜とリンゴやバナナといった果物にカリウムがたくさん含まれています。
ニンニクに含まれているアリシンという成分は、高血圧や動脈硬化に対して働きかけをしてくれます。抗血栓作用や悪玉コレステロールを抑える作用もあると考えられています。
酢酸が体内に入るとアデノシンという物質が分泌されます。このアデノシンが高血圧の改善に一役買っていて、血管を広げる働きがあるのでその結果血液の流れ良くなります。
私たちが緊張やストレスを感じた時には交感神経が働きます。交感神経と血圧が何か関係があるの?と思うかもしれませんが、実は交感神経の働きが活発になると体内の塩分を排出する機能が落ちてしまいます。その結果が血圧が上昇しやすくなってしまうんです。また人間はストレスを感じた時にノルアドレナリンというホルモンを分泌するのですがこのノルアドレナリンも高血圧の原因となる物質で血管を収縮させる作用があるんです。そうすると血圧の上昇を招くという結果になります。タウリンという物質は栄養ドリンクなどに入っているのを知っているかもしれませんね。実はタウリンはは交感神経やノルアドレナリンの働きを抑える作用があります。ですから血圧が高めの方にとって積極的に摂取したい成分なんです。タウリンは貝類に豊富に含まれています。
昔からオリーブやワインなどの食文化が発達しているヨーロッパの地中海沿岸地方は心筋梗塞等の虚血性心疾患で亡くなる人の割合が他のヨーロッパの国々よりも低いことが注目を集め来ました。これには食文化影響しているのではないかと考える研究者もいます。オリーブに含まれているオレウロペインという成分は、悪玉コレステロールを抑制したり、心臓の冠動脈の疾患のリスクを抑える効果があるということが研究で分かってきています。
ゴボウに含まれているリグニンという成分はコレステロールを作り出す成分としても知られている胆汁酸を外に出す作用もあって、コレステロールが要因となって発症しやすい高血圧や動脈硬化の防止も見込めます。

 

血圧をケアする様々な成分を紹介してきましたが、こういった成分を食品から取り入れることも大切ですが、今はサプリメントも販売されていますのでそれらを上手に利用する子も血圧をコントロールする一つの方法と言えそうです。もし自分がすでに高血圧症なら安易な自己判断でサプリメントを利用することはせずに医師に相談のうえでサプリを取り入れるようにしましょう。
このページでは様々なサプリを比較したりチェックしたりしていますので参考にしてください。また他のサイトにも血圧サプリを比較しているものがありますので、そういったサイトも合わせて参考にしていただけると幸いです。

高血圧の予防と改善

高血圧とは
血圧が高い状態が続くことを高血圧と言い、血圧が低い状態が続くことを低血圧と言います。特に高血圧の人は正常血圧の人と比較した場合心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなるので、普段から高血圧を改善するように注意する必要があります。
高血圧とは日本高血圧学会が発表してガイドラインで次のような方が高血圧であると規定されています。

 

病院で測定した血圧
収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上が高血圧

 

家庭で測定した血圧
収縮期血圧135mmHg以上、拡張期血圧が85mmHg以上が高血圧

 

と定義されています。
これを見て自分は何とか適正範囲に収まっているから高血圧ではないと思っている方もいるかもしれませんね。でもガイドラインには収縮期血圧が130〜134以上、拡張期血圧が85〜89はぎりぎり正常値ですが高血圧予備軍として日頃の生活習慣を改善必要があると指摘しています。
また、収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHg未満あるとそれよりも高い血圧の方と比較して脳卒中や心筋梗塞のリスクが低いということが分かっています。なので、できるだけこの値まで血圧を下げるのが理想なのだそうです。

 

年代別に平均血圧を比較してみると恒例になればなるほど血圧は高くなっていることが分かります。また女性に比べて男性の方が血圧が高い方が多いのです。
50代の平均血圧は収縮期血圧が50代が137.2mmHgなので、この年代になってくると高血圧になっている方が増えてきますから、50代の方は自分は大丈夫だと思っていても注意が必要です。今は大丈夫で年齢とともに上がっていくのが血圧ですから日頃の生活習慣や食生活には気を付けましょうその一環として、サプリメントを利用されている方もいます。

 

血圧を下げる生活習慣と食事

高血圧の人や血圧が気になっている人が血圧を下げるためのポイントは、生活習慣と食生活の見直しと改善です。医師の指示により薬を処方される場合もあるでしょうし、自分で血圧サプリメント購入して飲み始める方もいるかもしれません。
血圧が高めになってきて病院に罹るとお医者さんは大体薬を出す前に塩分や脂肪分を控えるようにウォーキングなどの有酸素運動するようにとアドバイスされるケースが多いようです。
塩分は体に必要なものですが取りすぎてしまうと血圧を高くする原因となります。また脂肪にはいくつかの種類があるのですが、その中でも飽和脂肪酸が悪玉コレステロールや中性脂肪を増やす要因になっています。悪玉コレステロールや中性脂肪が増えすぎると動脈硬化が進行します。飽和脂肪酸は肉や乳製品の脂肪分、レバーや魚卵などにたくさん含まれているので、これらの食品の取りすぎないように注意しましょう。できるだけ少ない量を取り入れることが高血圧対策には有効です。
それとは逆に血圧が高めの人が取りたい食品は、カリウムを含む食品です。カリウムには塩分の排泄を活発にする作用があり、その結果として血圧を下げる効果が期待できるのです。カリウムを含む食品は野菜や果物です。中でもブロッコリーやアボガド、ホウレンソウ、プルーン、バナナなどがカリウムを豊富に含んでいるので、高血圧の人は積極的にこういった食品を取るようにした方がよいでしょう。

 

血圧が高めの人が、見直すべき生活習慣として大切なことは、運動習慣と肥満体質にならないようにすることです。
高血圧の人はが血圧を安定させるために行うべき運動として理想的なのは有酸素運動です。有酸素運動の代表的なものはウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなどです。一方適さない運動は無酸素運動で、短距離走やウェイトトレーニングなどがその代表格です。こういった運動は一時的に血圧が上がってしまうので高血圧や血圧が高めの人がする運動としては適していません。

ジョギングとサイクリングの比較

有酸素運動を無理しない程度に適度に行うことで血流が改善され血圧が下がってくる効果が見込めるのです。

 

血圧が高くなってきて気になっている。そんな人はまず血圧下げるための生活習慣と自分の現在の生活習慣や食生活を比較してみて、改善すべきところは改善しましょう。そして大切なのは早めに医師の診断を受けることです。高血圧は自覚症状がほとんどない病気ですから知らず知らずのうちに進行してしまい思わぬ事態を招くことがありますのでそうなる前に早めの対処が重要です。
またこれくらいまだ大丈夫だと思って、血圧対策サプリを飲んでおけば問題ないと、でもサプリメントには薬と同じように血圧を下げる効果はそれほどありません。

 

血圧サプリに含まれている成分を比較

血圧サプリには血圧を穏やかにする効果がある様々な成分が含まれています。血圧を穏やかにする成分にはどんなものがあって、それぞれの特長などを比較チェックしていきましょう。
血圧が高めの方におすすめしたい成分は次の通りです。

 

  1. ミネラル
  2. DHA・EPA
  3. タウリン
  4. ペプチド
  5. アリシン
  6. リグニン
  7. 酢酸
  8. オレウロペイン

 

高血圧予防のためには、第一に生活習慣です。それは適度な運動とバランスの取れた食生活、それと同時に血圧を穏やかにする成分が含まれているサプリメントを飲むことも良いでしょう。
それぞれの成分について解説していきます。

 

ミネラル

カリウム、カルシウム、マグネシウムは血圧を安定させる働きがあります。
血液中に塩分が多くなると血圧が高くなる傾向があります、カリウムには、体内の塩分を外に出して血液中の塩分を少なくしてくれます。カリウムはホウレンソウ、パセリ、アボガドなどの野菜やバナナやリンゴなどの果物にたくさん含まれていますから、血圧が高めの方はこういったカリウムを豊富に含む食品を日頃から食べる食習慣を身に着けるといいかもしれませんね。それと同時に塩分の取り過ぎには十分注意しましょう。
ちょっと難しい話になるのですが、副甲状腺ホルモンやプロビタミンDの分泌が増加することで、血圧が高くなりますが、これらの分泌を抑えてくれる働きをするのがカルシウムなのです。そしてこのカルシウムの働きをサポートしているのがマグネシウムなのです。カルシウムは牛乳や小魚に含まれていますし、一方マグネシウムの方は豆類やナッツ、そして海藻などにたくさん含まれています。
このようにミネラルは血圧を安定させるために大切な役割を果たしていることが理解できますね。

 

DHAとEPA

青魚などに多く含まれているDHAには血管を柔らかくしてくれる作用があるので、それが血管が広がって血の流れが良くなるのではと考えられています。またその他にも中性脂肪や悪玉コレステロールの減らしたり、一方で善玉コレステロールを増加させることをサポートする働きがあります。
DHAは青魚の他にもマグロやウナギなどにもたくさん多く含まれている成分です。
EPAは基本的にDHAと同じ働きがあるのですが、DHAと同時に摂取することで高血圧や予防や改善をより一層サポートすることができると考えられています。

 

タウリン

タウリンは交感神経の働きを抑える作用があります。交感神経が活発になることで体に中で余って蓄積されている水分や塩分が排出が滞ってしまうのです。その結果血圧が上がってしまうというデメリットがあるのですが、タウリンには交感神経が活発にならないようする作用があるので、血圧が高くなりがちの方はタウリンの摂取もおすすめです。タウリンは貝類などに多く含まれている成分です。
ストレスが加わることによってノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。ノルアドレナリンは血管を収縮させるので、結果的に血圧が上昇してしまいます。タウリンにはノルアドレナリンの分泌を抑える作用があります。

 

ペプチド

血圧を上昇させる原因になっているアンジオテンシン変換酵素Iという酵素の一種の作用を抑える働きがあることが、研究で分かっています。ペプチドは牛乳や大豆、魚などに含まれている成分です。